育毛剤ロゲイン

育毛剤ロゲイン

 

ロゲインという言葉を耳にされたことはあるでしょうか。
この言葉は外国でしか使われていないので、聞き慣れない方もいるかも
しれません。
しかしリアップと言うとご存知の方も多いことでしょう。育毛剤です。
さて話を戻し、ロゲインについてですが、こちらは本来は血管拡張剤として
製造された薬品です。
この薬剤にはミノキシジルという成分が含まれているのですが、なんと発毛効果も
認められるようになり、発毛剤としても販売されるに至りました。
その日本版がリアップというわけです。
このロゲインとリアップには1つ大きな違いがあります。
それはミノキシジルの含有量です。
ロゲインは5%または2%なのに対し、リアップは1%しか含有されていません。
簡単に言うと、日本はミノキシジルが1%含有しか認可していないのです。
しかし誰でも高い発毛効果を求めるものです。
それでリアップで物足りない人は、ロゲインを求めて直輸入している輸入代行販売店
などを通して通販で購入しているようです。

先ほどから書いているミノキシジルという成分に関してですが、医学的に毛髪の再発毛や
育毛の効果が実証されています。
先に元々は血管拡張剤だったという話をしましたが、血管が拡張すると血流が良くなるのは
当然のことです。
そして血流が良くなると、栄養分がそれだけ多く運べるわけです。
毛髪に限定して言えば、毛髪を作っている毛母細胞は、毛乳頭から必要な栄養分を貰って
活性化し細胞分裂を活発にすることによって毛髪を生成するわけですが、血流の改善により
多くの栄養分を毛母細胞も受け、毛髪に多大の影響を与えることになります。

 

さて、いわゆる効能についてですが、ロゲインは頭頂部・後頭部の薄毛やハゲに効果があります。
しかし、額や額からハゲ上がる薄毛については発毛効果の検証がされていません。
それで興味のある方は、その効果を考慮の上、使用を検討なさってください